seitaishi.net
Site map Condition Body balance Information Advice
足踏チェックはこちら
動作チェックはこちら
靴裏チェックはこちら

  こちらは消化器型とも言われ、様々な症状が消化器に関連しています。
  左右の動きに特徴があるパターンです。
  喜怒哀楽の感情が心因となり、生理的な表情として食に現れることが多いようです。

Form3 Form4
■ 上体を左に倒す方が楽なタイプ ■ 上体を右に倒す方が楽なタイプ
左右型(左) 左右型(右)
左肩が下がっている 頭が右に傾いている
左腰が下がっている
左足に重心
頭が左に傾いている 右肩が下がっている
右腰が下がっている
右足に重心

【特徴】
比較的丸い体型で、肌が柔らかく、色白の方が多いようです。食欲も旺盛で、味よりも量で選ぶ傾向があります。 腰や膝に疲労が溜まり易く、膵臓・腎臓の病気にも注意が必要です。また糖尿病やアレルギー性疾患にも注意が必要です。 食事の面で栄養のバランスを考えることが大切です。

【特徴】
背中の中間あたりが盛り上がっていて体調により、みぞおちあたりが硬くなることが多いようです。食欲は、ストレスや感情の変化に左右され、量よりも質や味で選ぶ傾向があります。背中間、腰、膝に疲労が溜まり易く、肝臓・胆嚢の病気にも注意が必要です。
胃腸が弱い傾向もあります。

−ページTOPへ−
坐骨神経痛の治療室 骨盤矯正情報館
身体均整法 腰痛ナビ
    ● リンクはこちら ●
 戸部身体均整研究所 (神経・筋・脊椎整復研究所) Tel: 045-323-3540
 Copyright(C) tobe-kinsei All Rights Reserved
Counter