seitaishi.net
Site map Condition Body balance Information Advice
■ 疲労体のリセット

労したまま何もせずに放っておくと、筋肉は硬くなり、血流が悪くなり、酸欠状態になり、益々硬くなります。
毎日朝晩の軽い体操やストレッチだけでもその疲労物質を血中に放出させてやることが出来ます。
日にちをあけて、まとめてたくさんやってもあまり効果的ではありません。
毎日続けるということが重要なのであって、たくさんやることが重要なのではありません。
少しずつでもいいですから毎日やるようにしましょう。 たくさんあるストレッチの中の一部をご紹介致します。

胸の高さ位の所にひじを伸ばして手をついて、足を肩巾に広げ、腰で大きな円を描きましょう。前後左右にお尻を突き出すようにやりましょう。逆回しも忘れずに!

胸の高さ位の所にひじを伸ばして手をついて、片足を後に置き、ひざを伸ばした状態でかかとが浮かない所まで引いて、体を起こし、お腹を前に出しましょう。左右両方やりましょう。

四つん這いになり、顔を上げてお尻を突き出すような形で腰を反らしたり、逆におへそを覗き込むような形で、腹筋を使い股間を顔のほうに引き寄せ、腰の少し上辺りを天井に突き上げるような運動をゆっくり繰り返しましょう。

四つん這いの状態からゆっくり手を前に方に移動して行き、ひじと足を伸ばして腰を反らし腰を少し左右に振ってみましょう。急にやると腰を痛めてしまう場合がありますのでゆっくり気を付けてやりましょう。

片方の足を伸ばし、もう一方の足先をおへその下辺りに入れて、ひじをついた状態でうつ伏せになりましょう。この時曲げたほうの足先は出来るだけ体の中心に置いてひざは少し体の外に出してやりましょう。左右両方やりましょう。

片ひざを立てて足を深く交差させ、反対側の腕でその立てたひざの外側を押さえ、体を捻りましょう。床に付いてる手は出来るだけ体に近付け、体を起こしてやりましょう。左右両方やりましょう。

仰向けになり両ひざを立て、左右に倒しましょう。この時、倒した方と逆の腕を斜め上に広げましょう。ひざが離れてしまう場合は、両ひざを立てた状態で足を組んで下の足を外側に倒しましょう。

仰向けになり足を把持し頭の方へ近付けて行きます。ひざを曲げて外に開いても構いませんが、出来ればひざを伸ばしたままやりましょう。足を持つ手はしっかり組んでやりましょう。

足を伸ばして座り、ひざを曲げずに体を前に倒して行きましょう。足の裏を壁に押し付けてやると効果的です。なかなか体が前に倒れない場合はタオルを足裏に引っ掛けてやってみましょう。

正座の形から片足を伸ばし、曲げているほうの足はかかとをお尻の外に出し、お尻を床に付け両手を後につきましょう。出来れば、両ひじをついたり寝そべってみましょう。左右やりましょう。

片足を伸ばし、もう片方はひざを立てて両手を後について座り、立てた方の足先を出来るだけ外側に置いて、ひざを内側へ倒しましょう。 もしひざの内側に痛みが出る場合は痛みが出ない角度を探ってみて下さい。左右両方やりましょう。

仰向けになり、両足を頭の上の方へ持って行きましょう。難しい方はどなたかに補助をしてもらってゆっくりやりましょう。 この時ひざは曲げても構いません。手の位置も、下、横、上など自由に変えてみて下さい。

片腕のひじを伸ばし、そのひじの外側をもう片方のひじの内側で支えて体に引き寄せましょう。伸ばしている方の肩先をあごに近付けるようにして手の平は上に向けましょう。左右やりましょう。

出来るだけ指を自分の方に向けて、手のひらが浮かないように、体を手から除々に離して行きましょう。この時ひじが曲がらないように注意しましょう。
片手ずつでもかまいません。

出来るだけ指を自分の方に向けて、指の付け根を中心に反らしましょう。この時ひじを曲げるとやりやすく、指の内側と手のひらが伸ばされるのが感じられると思います。

頭の後ろで手を組み、ひじを締めて背筋を伸ばしたまま頭を下に引きましょう。力は入れず腕の重さだけで十分です。 また、一旦手を頭から離し、ひじは正面のまま、顔の向きだけを変えて色々な角度でやってみましょう。

トレッチは初めだけ少し反動をつけるのは構いませんが、基本的には反動はつけず、息を吐きながら力を入れずに出来る位置まで持って行き、力を抜いたまま30秒〜60秒ほどその状態でいるようにしましょう。 力を抜いてやることがポイントであり、無理に曲げ伸ばしすることが目的ではありません。特に体の硬い方は、力を抜いて出来る範囲で十分ですので、頑張り過ぎないように注意しましょう。

−ページTOPへ−
坐骨神経痛の治療室 骨盤矯正情報館
身体均整法 腰痛ナビ
    ● リンクはこちら ●
 戸部身体均整研究所 (神経・筋・脊椎整復研究所) Tel: 045-323-3540
 Copyright(C) tobe-kinsei All Rights Reserved
Counter