seitaishi.net
Site map Condition Body balance Information Advice
■ 手足のしびれ、麻痺

しびれや麻痺の原因は様々ですが、末梢神経−神経根−脊髄−脳幹−視床−大脳という神経経路の中のどこかに障害が発生すると起こります。
多くは末梢神経の圧迫によるものと、脳梗塞や脳卒中などの脳障害によるものです。
末梢神経の圧迫に関しては、悪い姿勢や疲労放置 が長く続き、関連する筋肉の緊張が強くなり神経を同時に緊張させて起きる場合や、更にこじらせた場合、体幹の歪みを引き起こし、背骨の中の脊髄の通り道である脊柱管や背骨から左右に出る末梢神経の通り道である椎間孔が狭くなり圧迫される場合があります。手の神経は頸椎から出て、肩・ひじを経由して指先へいっていますので、こじらせる前に首の付け根・肩及び腕の付け根の筋肉を十分緩めてやることが必要です。
足の神経は腰椎及び仙骨から出て、お尻、股関節、太もも、ひざ、ふくらはぎを経由して爪先へいっていますので、腰やお尻の筋肉、及びお尻からかかとまでの脚の裏側の筋肉を十分ゆるめてやることが必要です。脳障害による麻痺に関しては、専門医による治療が必須ですが、一日も早いリハビリが大切です。
時が経てば経つほど筋肉の萎縮が増し、回復は遅くなります。 手、足の順でリハビリしましょう。

 <施術例>
−ページTOPへ−
坐骨神経痛の治療室 骨盤矯正情報館
身体均整法 腰痛ナビ
    ● リンクはこちら ●
 戸部身体均整研究所 (神経・筋・脊椎整復研究所) Tel: 045-323-3540
 Copyright(C) tobe-kinsei All Rights Reserved
Counter