seitaishi.net
Site map Condition Body balance Information Advice
足踏チェックはこちら
動作チェックはこちら
靴裏チェックはこちら

  こちらは泌尿器型とも言われ、様々な症状が泌尿器に関連しています。
  体をねじる動きに特徴があるパターンです。
  競争・闘争が心因となり、生理的な表情として排泄に現れることが多いようです。

Form5 Form6
■ 上体を右にねじる方が楽なタイプ ■ 上体を左にねじる方が楽なタイプ
回旋型(右) 回旋型(左)
背骨を軸に上体が右にねじれている 左の肩が前に出る
左足が外に開きやすい
右足のかかとに重心 左足の内側に重心
右の肩が前に出る 背骨を軸に上体が左にねじれている
右足が外に開きやすい
右足の内側に重心 左足のかかとに重心

【特徴】
全体的に四角い感じで腰が太く上半身が発達しています。どちらかというと、胴長短足の方が多いようです。 腰まわり、特に腰の上部に疲労が溜まりやすく、
心臓や腎臓・膀胱の病気にも注意が必要です。高血圧の傾向もあります。 緊張や興奮により、尿意が近くなったり、すぐに熱を出す傾向があります。

【特徴】
比較的上半身より下半身の方が大きく見え、乗り物に酔い易いようです。
肩、背中、腰、足に疲労が溜まり易く、腎臓や膀胱の病気にも注意が必要です。緊張により尿意が止まったり便秘になったりします。また、熱や汗が出にくい傾向があり、更年期障害、むくみ肌荒れを起こし易い傾向もあります。

−ページTOPへ−
坐骨神経痛の治療室 骨盤矯正情報館
身体均整法 腰痛ナビ
    ● リンクはこちら ●
 戸部身体均整研究所 (神経・筋・脊椎整復研究所) Tel: 045-323-3540
 Copyright(C) tobe-kinsei All Rights Reserved
Counter